新刊短篇集です。

『Amazing Short Stories vol.4』
第壱話「夏の思い出」
第弐話「センス」(三代目?編)
第惨話「映画『ブレイドランナー』に思う」
第四話「俺、悪くないし!」
第伍話「V3」vol.4

  つれづれなるままに、日暮し、パソコンに向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

正体のない作家、竹島八百富と申します。私は存在しておらず、また、一人でもありませんが、作家稼業をしながら、日々のんびり暮らしております。

特に短篇を書くことが多いのですが、短篇を書く喜びは「えっ? そこで終わるの?」「そんな終わり?」と、読者の方をやきもきさせ、そして、「畜生! この作者、もう読まないゾ!」と言いながら、再度【購入】ボタンをポチっとしてもらうことです。

なお、最終話のみ連載小説を掲載しております。ご了承下さい。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。